乳首 乾燥 かゆい

乳首が乾燥してかゆいなら

 

乳首が乾燥をすればかゆいと感じることもあります。

 

乳頭や乳輪に限った話ではなく、皮膚全体にいえることです。皮膚は保湿剤の膜によって外からのばい菌や刺激から守るバリア機能と呼ばれる働きで刺激を軽減しています。

 

乾燥をしているってことは保湿剤の膜がきちんとできていない証拠であり、バリア機能が低下しているってことになります。
皮膚に与えられる刺激はかゆみとして伝わるのでかゆい原因は全ては乾燥した肌へ与えられる刺激なのですね。

 

そのため、改善をしたいのであれば保湿を行うだけです。

 

きちんと乳首の保湿を行えていない人は非常に多く、なかには1年以上かゆみに悩まされているなんて人もいます。
保湿をすれば良いだけなのですが、正しい方法で皮膚を潤わせていかなければならないのです。

 

今、あなたが乳首のかゆみに悩まされているのであれば、このままご覧ください。

 

乾燥した乳首を保湿するには

 

乳首や乳輪も皮膚の細胞で構成がされているので、保湿方法としては日ごろのボディケアを同じで化粧品を使っていきます。
化粧品を使う際には2つだけ注意をしなければならないことがあります。

 

低刺激の成分で作られている化粧品を使うこと
皮膚の奥深くまで浸透をさせる成分が配合されていること

 

この2点のどちらかひとつが欠けていたら思ったよりも効果があらわれず乾燥も治まらなければかゆみが治まらないこともあります。

 

乳首が乾燥してかゆい原因は刺激なのに化粧品で刺激を与えてしまっては意味がありません。
また、刺激からかゆみがあらわれて掻きむしることで保湿剤の膜を剥がしてしまいます。

 

刺激成分が入っているとケアをしている意味がないのですね。

 

皮膚の奥深くまで浸透させなければいけない理由としては表面上の皮膚だけを改善をしても意味がないからです。
奥深くの皮膚の改善が全くされていないのであれば、奥側がかゆいなんてことにもなりかねないです。

 

以上の2つの条件を満たした化粧品でケアをすることで乾燥によるかゆみを防ぐことができます。

 

乳首の保湿クリームが適している

 

低刺激と奥深くまで浸透する成分の2つを満たしているのが乳首の保湿クリームです。
主に乳首用の美白化粧品などがあげられます。

 

美白化粧品の目的は奥深くまで保湿成分を浸透させること。

 

そのため、保湿力と浸透力に優れた成分が配合されています。
毎日、ケアをすることによって段々と皮膚に潤いを与えてくれるので乾燥によるかゆみから悩まされないようになっていきます。

 

皮膚の表面上の方が比較的早く改善をされていくので、かゆみも早い段階で改善することができるはずです。
しかし、奥の方までしっかりと改善をするのには時間がかかります。

 

そのため、最初の頃はクリームを塗った後は表面状にすっと馴染んでいくので一時的にかゆみも収まりますが、少し経つとまたかゆいと感じるはずです。
ある程度の期間、毎日ケアをすることで乳首の奥深くまで改善がされ、かゆみに悩まされなくなるはずです。

 

乳首の乾燥によるかゆみを止める